東京ガロンヌ(バンド)「ガロブロ」

紅子さんとアネモネ
※画像は水色赤の未散さんが撮影してくれた紅子さんとアネモネ。前回の記事はこちら

前回書いた通り、自分は高円寺騒乱闇市の2日目にアネモネのサポートギタリストとして出る事に前日の23時頃決まりましたが、さすがにその日は疲れてそのまま寝ました。

ユキオさんはその夜は泊まりなので音源をもらう事が不可能だったので、朝もらったセットリストから自分が撮影したりもらったりしたアネモネの動画を見ながら構成やコードを取りました。ただ、1曲新曲があったのですが、コード表はもらいました。

でUFO倶楽部に向かうため東高円寺駅を降りて地上に出たら、たまたま水色赤の未散さんとアキヒトさんに遭遇。会ったとたん未散さんから「うちな、う〇こしてきたで」と楽しそうにいらない報告を受けました。しかも道すがら「う〇こ」連発。さすがです。

サウンドチェック中、ユキオさんも余裕が出てきたのか「ファン垂涎のツーショット。」としてマグダラの魔子さんと未散さんの写真をアップしていました。
魔子と未散

さて高円寺騒乱闇市(マーケット)2日目、1日目がレコードのA面ならこちらはB面な、よりディープなバンドが揃いました。

1バンド目の「たたらの目」は初めてみたのですがクランチな音で変な音使いがめちゃ気に入りました!ドラムの髪の毛も目が離せないところがポイントです。最後の曲はやられた感満載でした。
たたらの目
ちなみに上記写真で写っている髪が長い方はマグダラ呪念の魔子さんです。

2バンド目「ダンウィッチの犬」はダークで重いリズムがかなりヤバく、サバスとか好きな人はかなり気に入るんじゃないかと思ったらうちのベースのツボに大ハマりしてました。特にシャッフルの曲は自分もツボりました。
ダンウィッチの犬

3バンド名「マグダラ呪念」は和DOOM的な演奏やヘヴィな音がやばいです。自分もギターのチューニング落とそうかと思いました。自分が演奏準備のため途中までしか見れなかったのが残念。すごい世界観作っているのにMCは普通に話すギャップも潔くていいです!ご本人の許可が取れているので当日の動画を公開中しています(途中切れていますが)
マグダラ受念

で、自分がサポートする「アネモネ」になるわけですが、演奏にあたってベースのゆうじさんから「死んでも舌出すな」と厳命を受けました。ようは間違えたりしても舌出したり笑ったりするなって事です。一瞬ストーンズのようには演奏するなという意味かと思ってしまいました。ゆうじさんはとても怖いのでしっかりキモに命じました。

構成も結構その場で変わるのでついていくのが大変だったけど、3人が強固になにがあっても対処していて、あとは必死に合わせたり空気読もうとして演奏していました。でもツインファイヤーバードが出来て嬉しかったし、大好きなアネモネの中で弾けた事も楽しかった。
アネモネ
一緒に演奏してあらためておもったけどユキオさんの声ってめちゃカッコいい。ちなみにガロンヌのみきが「アネモネならぬ、アネモ"ヌ"。ちょっと一歩下がった感じで」と言っていたのですが、そんな感じでした。もちろん舌は出しませんでした。


最後は2日連続トリの水色赤!最初に見たのがこの赤と黒のUFO倶楽部で、ここで演奏する水色赤は特別な感じがします。2日目はいつもの口上から入ってわりと古めの曲も多く演奏してくれて大大大大満足でした!水色赤最高です!!
水色赤

まさに2日間にわたる祭りで個人的に本当に楽しかったらしく、夜寝れませんでした。どうせ寝れないなら、ユキオさん達と一緒にカラオケ行けばよかったと後悔しました。その時の様子を未散さんがアップしていました


しかし朝彼らが帰る時下記の状況になったようです。
夜が明けて
なんか音や会話が想像できますが、ビールは絶対離さない!こぼさない!という未散さんの強い意志を感じます。

今回の主催者のユキオさん、本当にありがとうございました!そしてそれをサポートしてくれた艶街のさだボーさん、UFO倶楽部のスタッフの方々ありがとうございます!

そして青い目のサリー、艶街、たたらの目、ダンウィッチの犬、マグダラ呪念、岡山から来てくれて2日間トリをつとめてくれた水色赤、アネモネ、東京ガロンヌのメンバー、このイベントを見に来てくれた全ての方にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!こんな素晴らしいイベントに2日とも演奏できたのは本当に嬉しかった。

ちなみに東京ガロンヌはしばらくお休みします。復活したらまた見に来て下さいませませ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする








   


profile

記事数:215
最終更新日:2019/12/09

archives

selected entries

categories

links

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

東京ガロンヌ(バンド)

search this site.

others

mobile

qrcode